部屋を自分好みにコーディネートするコツ~HEYA JAM~

平成32年1月最新記事PICKUP!

頭金が少ない人でも夢のマイホームを購入できる節約術とローンのコツ
マイホームを購入するというのは、多くの人にとって夢の一つです。しかし、マイホームを購入するには、まず頭金という大きなハードルがあります。頭金が少ないと、住宅ローンの借入額や返済期間が増えてしまい、金利も高くなります。この記事では、頭金を貯めるための節約方法と、頭金が少なくてもマイホームを購入するためのローンの種類と選び方について解説します。 【頭金を貯めるための節約方法】 〈その①:家計簿をつける〉 頭金を貯めるためには、まず自分の収入と支出を把握することが大切です。家計簿をつけることで、無駄な出費や浪費を見つけ出し、節約することができます。家計簿は手書きでもアプリでも構いませんが、毎日欠かさず記録することがポイントです。 〈その②:固定費を見直す〉 固定費とは、毎月決まった額を支払う費用のことです。例えば、水道光熱費やインターネット料金、携帯電話料金などがあります。これらの固定費は、プランやサービスを変更したり、他社に乗り換えたりすることで、節約することができます。また、不要なサブスクリプションや会員登録なども解約することで、固定費を削減することができます。 〈その③:変動費を抑える〉 変動費とは、毎月変わる額を支払う費用のことです。例えば、食費や交通費、衣服代などがあります。これらの変動費は、自分のライフスタイルや嗜好によって大きく異なりますが、一般的には節約の余地が多いものです。変動費を抑えるためには、以下のような工夫をすることがおすすめです。 ・食費:自炊する、まとめ買いする、割引品や安売り品を利用する ・交通費:徒歩や自転車で移動する、乗り換え回数や距離を減らす ・衣服代:必要最低限のものだけ購入する、セールやアウトレットで購入する 【頭金が少なくてもマイホームを手に入れるためのローンの種類と選び方】 頭金が少なくてもマイホームを購入することは可能です。しかし、その場合はローンの種類や選び方に注意しなければなりません。ローンには様々な種類がありますが、主に以下の3つに分けられます。 〈フラット35〉 金利が固定された住宅ローンで、頭金が0円でも借りることができます。しかし、金利は他のローンよりも高く、借入期間は35年までとなっています。また、審査基準も厳しく、物件の築年数や耐震性などに制限があります。 〈フラット50〉 フラット35と同じく金利が固定された住宅ローンですが、借入期間は50年までと長くなっています。その分、月々の返済額は低くなりますが、金利はフラット35よりも高くなります。また、審査基準や物件の制限も同じです。 〈変動金利型ローン〉 金利が市場の動向によって変動する住宅ローンです。頭金が少ない場合は、金利が低い時に借りることで有利になることがあります。しかし、金利が上昇すると返済額も増えるリスクがあります。また、借入期間は35年までとなっています。 ローンの種類と選び方は、自分の収入や支出、将来の見通し、物件の条件などによって異なります。一概にどれが良いとは言えませんが、以下のようなポイントを参考にしてください。 ・頭金が少ない場合は、フラット35やフラット50を検討することができますが、金利や借入期間をよく比較してください。また、物件の築年数や耐震性などに注意してください。 ・頭金が多い場合は、変動金利型ローンを検討することができますが、金利の変動に備えて余裕を持った返済計画を立ててください。また、借入期間を短くすることで、金利負担を減らすことができます。 ・複数のローン会社や銀行から見積もりを取って比較してください。金利だけでなく、手数料や保証料なども考慮してください。また、返済方法や繰り上げ返済の可否なども確認してください。 【まとめ】 以上のように、頭金を貯めるためには日々の生活から見直すことが大切です。また、頭金は必ずしも自己資金で用意しなければならないわけではありません。親や親戚からの贈与や借入は、税制上も有利になる場合がありますし、住宅ローンの審査にも有利に働きます。ただし、贈与や借入にはそれぞれ条件や手続きがありますので、事前に確認しておくことが必要です。

最新コラム!2020年1月

平成32年1月1日新着!
定期借地権の利用の状況
2020-01-01更新の日記image
定期借地権は、現在、どのような用途に、どのように利用されているか。一般定期借地権については、都市近郊の市街化区域内農3地地域での小規模な分譲戸建住宅団地の敷地としての利用が徐々にではあるが増加しつつある。その背
平成32年1月2日PICKUP
定期借地権の評価(1)
2020-01-02更新の日記image
定期借地権を設定するとき、権利金や保証金はいくらぐらい授受するのが妥当なのだろうか。また、地代はどのくらいに定めるのが適当なのだろうか。定期借地権は、前項で述べたように、契約期間が満了したら、地主に土地が返還さ
平成32年1月3日更新
定期借地権の評価(2)
2020-01-03更新の日記image
建築時から現在までの減価(期間に応じた減価償却を行い、さらに具体的調査をし、雨漏りやエレベーター設備の陳腐化などによる特別の減価を加味して査定する)を差し引いた価格(積算価格)を求める。積算価格というのは、空家
平成32年1月4日最新情報
つくば方式一建物譲渡特約付定期借地権のマンションの新しいタイプ
2020-01-04更新の日記image
「つくば方式」のマンションは、建物譲渡特約付定期借地権(賃借権)を設定した土地の上に、マンションを建設する。建設に先立って、マンションの区分所有者となる借地人を募集し、地主も加わって、建設組合をつくる。地主も建
平成32年1月5日NEWS
定期借地権・底地の相続税等での評価
2020-01-05更新の日記image
相続税・贈与税では、定期借地権や定期借地権の設定されている土地(貸宅地・底地)について、どのように評価することになっているのか。普通借地権については、地域ごとに借地権割合が一応定期借地権と普通借地権との評価方法
平成32年1月6日新着!
普通借地権と定期借地権
2020-01-06更新の日記image
平成3年に借地法と借家法とが改正され、借地借家法となり、平成4年8月1日から施行されている。そして、この改正により、従来型の普通借地権と別のタイプの借地権として定期借地権が創設されている。そして、この定期借地権
平成32年1月7日PICKUP
借地権の設定・譲渡・消滅の税務
2020-01-07更新の日記image
借地権の譲渡・消滅の対価は譲渡所得、設定の対価は譲渡所得か不動産所得。借地借家法では、借地権を、「建物の所有を目的とする地上権及び賃借権」と定義している税法で借地権について規定している場合、特別の定義規定がなけ
平成32年1月8日更新
借地権の譲渡の対価
2020-01-08更新の日記image
すでに借地している土地の借地権を第三者に譲渡する場合、その対価は金額に関係なく、すべて譲渡所得に分類される。転借地権を譲渡した場合も同様である。なお、ここでいう借地権は、建物所有目的に限らず、広い意味での地上権
平成32年1月9日最新情報
借地権と特別の経済的利益
2020-01-09更新の日記image
借地権の設定にあたって権利金を収受せずに、保証金を収受したり、低利の貸付金を受けた場合。借地権を設定して権利金を収受すると、一般的には譲渡所得になり、額によっては不動産所得になる。いずれにしても、その税額は相当
平成32年1月10日NEWS
借地権等の譲渡所得の計算
2020-01-10更新の日記image
借地権等の設定・譲渡等で譲渡所得に該当する場合の計算について説明する。基本的には、土地を譲渡したときの計算と同じであるが、取得費の計算等で若干異なる。借地権の設定・譲渡等の対価として受け入れた金額が収入金収入金
平成32年1月11日新着!
借地権を設定しまたときの取得費
2020-01-11更新の日記image
新たに借地権を設定する場合、その土地の購入代価が差し引くべき取得費になるが、その全部が取得費になるわけではない。借地権を設定しても、地主の権利が一部残っている。いわゆる底地である。底地を除いた部分を譲渡したわけ
平成32年1月12日PICKUP
株式の相続税評価
2020-01-12更新の日記image
上場されている株式や店頭取引銘柄などの株式(気配相場のある株式)は、証券取引所の相場にもとづいて評価される。それ以外の株式(取引相場のない株式)については、会社の規模に応じて、大会社、中会社、小会社と区分し、こ
平成32年1月13日更新
更新料などと地代との取扱いの差
2020-01-13更新の日記image
地主の受け取った更新料、借地権譲渡承諾料、増改築または借地条件変更承諾料や、判定によって譲渡所得に該当しなかった権利金などは不動産所得となる。不動産所得であるという意味では、地代と同じ種類の所得であるということ
平成32年1月14日最新情報
借地権等と法人税
2020-01-14更新の日記image
借地権の税務について、会社の場合はどう計算するのか。原則としては、所得を分類せず、一本にしてプール計算にしている。収受した金額は、すべて帳簿の貸方に収益として計上され、借方に計上されているその収益に対応する「損
平成32年1月15日NEWS
定期借地権の税務
2020-01-15更新の日記image
定期借地権の税務は、どのようになるのか。普通借地権とは異なる取扱いとなるのか。また、その設定などにあたって、どのような点に留意しなければならないか。定期借地権の内容については、定期借地権は、借地期間が満了したら
平成32年1月16日新着!
設定権利金と法人税の特別課税
2020-01-16更新の日記image
法人税では、借地権の設定にあたって、地価の下落割合が2分の1を超えると、土地等の譲渡として、通常の法人税のほかに特別課税がなされる。定期借地権の設定に際して、権利金を取る場合、これまでの例だと、地価の2割から多
平成32年1月17日PICKUP
会社地主と保証金/による経済的利益
2020-01-17更新の日記image
上記の取扱いは、個人地主についてのものであり、会社である地主が保証金を収受した場合の取扱いについては、特別の取扱いは示されていない。しかし、法人税については、個人の場合のような所得の分類はなされておらず、また、
平成32年1月18日更新
個人と個人との土地の無償貸借と税務上の取扱い(1)
2020-01-18更新の日記image
権利金も地代も授受しないで、個人間で土地を無償で貸し借りした場合の税務上の取扱いはどうなるか。建物の所有を目的として土地を賃貸借するとき都会では一般に、土地の更地価格の60~80パーセント前後の権利金を支払い、
平成32年1月19日最新情報
個人と個人との土地の無償貸借と税務上の取扱い(2)
2020-01-19更新の日記image
問題が生ずるのは、権利金の授受される慣行のある地域で、権利金が授受されないで、建物や構築物の所有目的の賃貸借または地上権が設定された場合である。ところで、親子・親族間またはごく親しい者の間で土地を無償で貸して、
平成32年1月20日NEWS
会社の土地を社長に無償で貸したら(1)
2020-01-20更新の日記image
会社が社長などに権利金を取らないで土地を貸したときは、どうなるか。権利金を取らないで会社が社長個人に土地を貸したり、社長個人が会社に土地を貸したりすることは、同族会社などでよく見受けられることである。同族会社の
平成32年1月21日新着!
会社の土地を社長に無償で貸したら(2)
2020-01-21更新の日記image
個人(借主)がその会社の社長、役員またはその一族である場合、その渡した金は、その社長や役員に対する賞与として取り扱われる。したがって、普通の賞与を支給するときと同じように、会社は、その社長や役員から源泉所得税を
平成32年1月22日PICKUP
会社の土地を個人に貸して相当の地代を取ったら
2020-01-22更新の日記image
寄附金には限度があって、結局、権利金相当額に近い金額が、会社の法人税の課税対象となる。この場合も、会社とその個人に二重に課税されることとなる。上記の説明は、会社の土地を個人に貸して権利金も地代も収らない場合であ
平成32年1月23日更新
無償返還の届出をしたら
2020-01-23更新の日記image
会社が個人に土地を貸して、権利金も相当の地代も取らないとき、また、地代を取るが、相当の地代に満たないときは、上述のように権利金の認定課税が行われるが、それを避ける方法として、将来、会社がその土地を使う必要の生じ
平成32年1月24日最新情報
個人の土地を会社に無償で貸した場合
2020-01-24更新の日記image
社長個人が、自分が主宰している同族会社に自分の個人の土地を無償で貸した場合はどうなるか。会社がその会社と関係のない第三者から土地を借りれば、通常は権利金を払わなければならないが、この場合はそれを払わないで借地権
平成32年1月25日NEWS
会社の土地を他の会社に無償で貸したら
2020-01-25更新の日記image
親会社が子会社に、権利金を取らないで、土地を貸したときはどうなるか。これは親子会社などの系列会社間でよくあるケースである。土地を貸した会社にとっては、その土地を個人に会社C無償で貸したのと同様に、通常受け取るべ
平成32年1月26日新着!
権利金を授受しない土地貸借のまとめ
2020-01-26更新の日記image
権利金を授受しない土地貸借があったときの課税関係をまとめてみると。土地の貸借について、権利金の有無により、また権利金を授受しなかったり、授受したとしてもその権利金が不十分であったりしたとき、相当の地代を授受する
平成32年1月27日PICKUP
相続税・贈与税における相当の地代の求め方
2020-01-27更新の日記image
贈与また相続以前3年間の自用地としての価額の平均額のおおむね6パーセント程度の地代を「相当の地代」という。なお、「自用地としての価額」というのは、財産評価基本通達によって評価した自用地としての価額(更地として評
平成32年1月28日更新
相当の地代をスライドしていない場合
2020-01-28更新の日記image
地価が上昇しても、相当の地代を据え置く方式、また増額するが地価上昇にスライドしていない場合には、実際に支払っている地代と、その時点での相当の地代との間に差が生じ、これが借地権価格を構成することになる。なお、自用
平成32年1月29日最新情報
土地・建物を売ったときの節税対策のむずかしさ
2020-01-29更新の日記image
住宅フェアとか不動産バザールなどで行っている税務相談に出ていると、その相談の大部分が土地・建物を売ったときの税金と相続が生じたときの税金の心配である。そして、感心するのは、相談に来る人が実によく、真剣に研究して
平成32年1月30日NEWS
土地を売って利益(譲渡所得)のあるときだけ、所得税が課せられる
2020-01-30更新の日記image
土地を売れば、必ず税金をとられると思っ人が多い。しかし、税金は売ることについてかかってくるのではなく、売って利益がでてはじめて、その譲渡所得に対して課税されるのである。税金の中には、物を売れば、必ず課税される税
平成32年1月31日新着!
土地を売って発生した利益と事業活動から得た利益との税額の違い
2020-01-31更新の日記image
土地を売るということは、一般の人にとつ間にそう何度もあることではない。だから、普通の人は、勤めに出て給料をもらったり、商売をしたりして生計をたてている。事業をしている人の年間の利益が1,000万円であると、その

このページの先頭へ